think | ねずみのおつまみ

もうひとつの病

1年って早いな。
早過ぎてなんの感情も湧いて来ない。
何年経ったら『懐かしい』って思えるんだろう。
どれだけ夜を体験したら消えるのだろう…
自分の中にある『かたまり』が。

『かたまり』は『こだわり』?『わだかまり』?
ある意味別の『しこり』か?
ははは。笑えないって(笑)
でも手術では取り除けない『しこり』って
言い得て妙じゃない?

『かたまり』『こだわり』『わだかまり』『しこり』
全部『り』が付く!!何か関連が??
変なとこに気付いて感心してるうちはまだ平和だね(笑)

自分一人がもがいているのはわかってる。
何をそんなにいつまでももがく必要があるのか。
道はいくらでもあるのに。いつでも一歩を踏み出せるのに。

どうしたら自分にとって『良い事』なのかわからない
…のはともかく、どうしたいのかもわからないんじゃ話にならないよな。
壊れたネオンサインの様にランダムに点滅しては消える、定まらない感情のゆくえ。

特効薬は『時間』…だけ?

新しい風を感じたなら
ナオルキガスル。

=======================================


勢いでテンプレ冒険しちゃったよ(笑)
0

    また言っちゃったよ…

    もう、やめれ。
    ってか、しゃべるな。

    黙って、よりよい対策を考え、実行して下さいな。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000132-mai-pol
    0

      産む機械か

      じゃあ、アンタも産ませる機械なのか?

      女性に対してなのはもちろんの事、病気などで産む事が出来ない人に対して、全く侮辱した発言だ。ねずみは、産む機能はあるが産むつもりがないという人間だ。そのように産む事は出来ても産まない人に対しても『女性=産むのが当たり前』と思ってるって事じゃないか。

      大臣職を辞めて事が済むとは思わないが、大臣でいられなくなる事が本人にとってとても屈辱的な事なら辞めさせればいいだろう。辞めても大してダメージがないなら意味が無い。要は同じように屈辱を味わえばいいのだ。本人が屈辱的と思う事ならなんでもいい。例えば、海外であるように『街の奉仕活動○日間』というのはどうだろう?ジャージに軍手で、街のゴミを拾ったり、公衆トイレの掃除をするのだ。大臣さんにとってはとても屈辱的なのでは?

      でも、あんなに頑に辞任しない(したくない)と言ってるのだから、切っちゃえば?安倍さん。あ、辞めさせても辞めさせなくても支持率下がりますね(苦笑)どうしましょ?
      0

        ひとりごと

        なんとなくそんな気分で久々にCDに手がのびた。

        あぁ、イントロと同時に浮かんで来る、浮かんで来る。

        あの空間、あの空気、あの光景、あの言葉。
        あの時描いていた絵。

        それが嫌でずっと聴いていなかったのに。

        あの夜、あの道、あの月、あの瞳。
        あの時感じた虚しい匂い。

        でもこのままずっと聴き続ければ
        スクリーンはすり変えられるはず。

        ずっとずっと聴いていようか
        このCDがまた好きになるまで…。
        0

          ひとりごと

          軌道修正の為に努力するより、新しい道に一歩踏み出す。

          それが間違った選択だったとしても、悔いはないと言える強さ。

          それを養えたのは、

          実は、道を選ぶ状況に至るまでの過程にあるのかもしれない。
          0

            I don't understand

            ネットニュースでこんなblogがあるのを知り行ってみた。

            はっきり言って意味不明、理解不能…。今頃どうしようというのか。再び火の中に飛び込もうとしてるとしか思えない。いろいろたくさん反省したというけれど、何をどう反省したのかわからない(どこかに執筆してしるのかもしれないが)自分の反省どうこうより、論点を『誹謗中傷』というものにすり代えているようにしか思えないのだけど…。逆にそういうblogを立ち上げた事にある意味『勇気』は感じるが(笑)

            なんにしても、そのblogやその本人どうこうとは別のとこで、すっきりしないものがある。『危ないから行っては行けない』というのは、ともすれば平気で人を殺してしまうテロリストを(あるものとして)認めてしまっている世の中になってるところが、何かがおかしい気がする。多分…いくら嘆いても、あるものはある『仕方ない』で終ってしまう事なのだろうけど。諸悪の根源は何なのか?『行ってはいけない所』へ行った本人が悪いとは思う反面、『行っては行けない所』があるっていう事があるのも事実。

            何が正論かはわからないし、いろんな人に『これが正論だ』と言われても、多分どれも理解出来ないだろうな…。ねずみの頭では…?(笑)
            0

              ひとりごと

              早く、時間よ流れて
              もう灰色の毛布にしがみついてるのに疲れたよ
              楽しい時間も、美味しいご飯もいらない

              しばらく空虚な時間の中で過ごしたい
              それが長いか短いかわからないけれど

              必要ないモノは必要とされない
              押し売りはしたくない
              不要な度合いが増すだけだから

              どうするかはただ一つ
              別の必要とされる所、必要とされる時を待つだけだ

              それがあるのか、その時が来るのかはわからないけれど
              0

                ひとりごと

                曖昧は平和。
                曖昧は無難。
                曖昧は不安。
                曖昧は恐怖。

                灰色であり続ける事の苦痛 。
                この長いトンネルの先には黒が待っている。
                もう白には引き返せない、きっと…。

                トンネルの中は息苦しい。
                黒でもいい…早く出口に出たい。

                もう少しだ。そう多分もう少しの辛抱だ。
                絶望と一緒に得られる解放…。
                でもそれが灰色より望むもの。

                Give me power
                0

                  オトナ ニ ナル

                  自分なりの成長

                  それがどういう事か自分だけがわかっていればいい事

                  自分の中の成長

                  それもいいかもしれない
                  0

                    新芽

                    雪が降る。死にかけた花壇に更に雪が積もる。雪が溶けても花壇は生きてるか?陽が差しても、生き返らないか?
                    暖かくしたり、肥料を与えたりして元に戻そうとしてみる?それとも全部引っこ抜いて、一度更地にする?
                    そして、新しい何かの芽が出て来るのを待ってみる?
                    0

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      書いた記事数:896
                      最後に更新した日:2017/07/11

                      recent trackback

                      qrcode
                      無料ブログ作成サービス JUGEM