病院、美術館、買い物 <続き> | ねずみのおつまみ

病院、美術館、買い物 <続き>

ほっとしたとこで意気揚々と?本日の予定遂行!

…が、病院を出ると空が真っ暗…。そして微妙〜な雨粒が。
う〜ん、本当は神保町に行きたいお店があったのだけど、キャンセルし六本木の新美術館へ直行!

地下鉄で乃木坂まで一本で行けて、美術館直結だったのでほとんど濡れずに着いた。
6日までやってる『モディリアーニ展』もうちょっと早めに来たかったけど、結局終わり間際になってしまった。前売りは買えなかったけど、公式サイトからオリジナル待ち受け画像をダウンロードして窓口で見せると100円引きというので、事前にダウンロードしておいた♪
とは言うものの、実際これが本当に通用するのかなんか不安(^_^;)見せた途端「は?」とか言われないかと一抹の不安を抱え、恐る恐る「これ…」と見せると「ご提示ありがとうございます。では割引券にて発券いたします」ほっ!たった100円の事なのにね(笑)

展示は『個人蔵』のものが多く、派手さはないけれどスケッチや普段見られない作品もたくさん見られた良かった。珍しい風景画もあった。初期の作品はほとんどデフォルメされてなくてまとも(?)だったり、中期は逆にカリアティッドというギリシャ建築の梁を支える女人柱をモチーフにした、極端に崩された人物像が多かったり。今まで『赤』のイメージがなかったけど、意外に使われていたすごく綺麗な深ーい赤が印象的だった。

昔、実家にモディリアーニの複製(というより、画集の一部を切ったようなもの)が飾ってあった。それが『ルネ』(『金髪のルネ』)という作品。その婦人像のブルーの瞳に魅せられてしまった。ちなみに専門学校の試験もこれについて書いたっけ(どんな事書いたかは全く覚えてない…笑)
やっぱり後期の首の長いどこか虚ろな人物像が好きだな。

モディリアーニは35歳で肺結核でこの世を去った。そして、2年後?には妻ジャンヌが子供を身ごもったまま投身自殺している…。
35歳…早すぎるね。これも運命…?

記念に買ったポストカード。この女性(妻ジャンヌと言われているけど、ジャンヌの瞳はブルーなので真偽のほどはわからないとか)の目…なんだかねずみの主治医のセンセに似てるんだよねー(笑)面長な顔つきとか雰囲気は全然違うんだけど。正直ピンと来るポストカードがなかったので、そんな理由で選んでみた(^_^;)


展示を見てからも館内をうろうろしてみたかったけど、空は一層暗くなり予報では夜には本降りに…と言っていたのですぐに電車に乗り、筆や絵の具を買うため途中吉祥寺に寄ってさくっと帰った。

無事『更新』のお祝い?にマンゴーのブラマンジェと鯛のお刺身を買った♪鯛のお刺身は運良く半額になってたし!美味しかったけど、スイーツの方は…ちょっと残念なお味でした(ToT)マンゴーはすっぱいし、クリームは甘くないし、極めつけにババロア?部分は味がしなかった(>_<)マジ、レシピ間違ってない?ってくらい…。ま、所詮スーパーで売ってるものですけどぉ〜、ちょっと悲しかった…。


最後にオチがついたけど、良い一日デシタ!
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    書いた記事数:896
    最後に更新した日:2017/07/11

    recent trackback

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM